お問い合わせ・アクセス

国際ネットワーク

 不動産投資では、物件の取得・資金の投資(入口)から、保有期間中の物件管理・賃貸による賃料収入の確保(中間)、そして物件の売却・投資資金の回収(出口)というプロセスがあります。このプロセスの全期間を通じて不動産投資の確実性・安全性が求められます。海外不動産投資ではなおさらこれが重要です。
当ギャラリーでは下記の国際ネットワークを駆使して海外不動産投資を成功に導きます。

海外不動産投資の魅力

アセアン

マニラ(フィリピン)

BOPの急速な成長に伴い、新たな住宅需要が生まれている、注目の都市である

資料ダウンロード

シラチャ(タイ)

工業団地の集積により、一大日本人集積地となりつつあり、それに見合う住宅の建設が追い付いていない投資有望地域である

資料ダウンロード

クアラルンプール(マレーシア)

アセアンの中では自然災害も少なく、政治経済も安定し文化も成熟しつつある、海外移住者魅力の都市である

資料ダウンロード

カンボジア

急速に拡大しつつある若い国カンボジア、住宅投資市場の成熟もまだまだこれから。外国人にやさしい投資環境である

資料ダウンロード

ヤンゴン(ミャンマー)

経済制裁の段階的解除に伴い、急速な外資が参入しつつあり。今後住宅開発の急成長が予測される革新の都市である

資料ダウンロード

シンガポール

開かれた貿易環境、政治の安定、低い税率、法整備等により魅力ある投資先である

資料ダウンロード

米国

ロサンジェルス(米)

西海岸の中心地であり、賃料の上昇も続く、気候も温暖で古い物件の価値が下がらない、中古物件が魅力の都市である

資料ダウンロード

ニューヨーク(米)

世界の経済・文化の中心であり、世界でも高額な物件の多い地区である。今なお物件価格は上昇している上質の都市である

資料ダウンロード

マイアミ(米)

シェールオイル・ガスの開発に伴い、その立地の重要性を高めてビジネスの中心地となりつつある、インカムゲインとキャピタルゲインの両狙いができる、理想の投資対象エリアである

資料ダウンロード

オセアニア

シドニー、ブリスベン (オーストラリア)

リーマンショックでも不動産価格や賃料が上昇し続ける安定性。確実なキャピタルゲインと大きなインカムゲインが魅力の安定都市である

資料ダウンロード

オークランド (ニュージーランド)

不動産投資が盛んな国民性、投資利回りが高く、低廉な税制や法制度で、外国人の投資に優しい国である。

資料ダウンロード